トップページ | 初めて飲む時 »

2011年1月30日 (日)

野菜牛乳

野菜入り牛乳と呼ばれることになる、野菜ジュースと牛乳から作る野菜牛乳の作り方の発見をしました。家族、友人、知人に飲んでもらっても、おいしいと言ってもらえています。「野菜牛乳 み・い・づ」と名付けました。

トップページ | 初めて飲む時 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

作り方を掲載しているホームページはこちらです。
http://mizu-umi.life.coocan.jp/

作り方は、いずれも、1:1で混ぜるだけで完成です。
 味など総合的に判断して、10点満点で点数も付けてみました。

野菜牛乳 み・い・づ あんずいろ  7点:野菜一日これ一本+牛乳
野菜牛乳 み・い・づ 紫       6点:野菜生活 紫の野菜+牛乳
野菜牛乳 み・い・づ うすだいだい 5点:野菜生活 オリジナル+牛乳

野菜ジュースは紙パックの方です。飲む直前に混ぜるのが良いです。
経験上、日持ちはしません。
混合した後の色で区別するように名前を付けました。

市販の野菜ジュースからではなく、本当の野菜からミキサー等で作るタイプもあります。作りにくいですが、このおいしい緑色の野菜牛乳を10点満点としています。こちらは、ホームページ内に掲載します。

友人の化学者のご意見。
食品に対して物騒な世の中になってきたので、掲載しておきます。
添加剤等、余計なものがない方が、おいしく飲めそうです。
-------
ホームページも見ましたが、「混ぜてすぐ飲む」のが一番よさそうですね

牛乳は疎水性成分(大まかには、脂肪酸グリセリンエステル)でできた
コロイドが分散している水といえます。

牛乳中のコロイドの分散はホモジナイズ処理(せん断を与えて
均一化する工程)により、準安定化(中の成分さえ変化しなければ、
変化する速度が遅い)状態にあります。

しかし、牛乳と新たな成分である、野菜ジュースを混合した後、
静置すると、野菜ジュースに含まれており、脂肪酸グリセリンエステルと
反応する物質である、酸(クエン酸)、ミネラル分(カリウムイオン等)の
影響を受けて、コロイドの分散状態が徐々に変わります。
もちろん、混合時にコロイドに対して与えるせん断応力によっても、
コロイドの分散状態が変わることがあります。

たとえば、コロイドが凝集すると、ダマができた感じになり
舌触りが悪くなる場合があります。
最悪(もちろん、製品の場合は消費期限後)の場合は、疎水性成分と
水が分離します。

このため、コロイドが分散している製品(濁っているドレッシングや、乳液等)を
長く保持するために、安定剤を加えるなどの工夫がなされています。

タンパク質にも構成しているアミノ酸に対する、酸やミネラル分の影響で
三次元構造が変化し、凝集することがあるので、
タンパク質が含まれている液体製品に対しても、凝集防止のための
添加剤が用いられている場合があります。

大雑把な説明ですが、ご参考まで
――
おいしいものでも、固まりやすいのは宿命のようです。

ブログ、ホームページを作成した時には予期せぬ事態。水海にとって、水、海が今より、きれいになることを願っていたのとは正反対の汚しまくるという事態。科学技術におごっていたとしか考えようもなく、非常に残念です。汚すより、きれいにする技術の方が一般に大変で価値のあることだと思います。

細かいことですが、ミキサータイプの作り方は秘伝で、ホームページ内には写真だけです。

ちなみにミキサータイプを2008年に発案し、2009年4月にブレンドタイプを発見しました。ブレンドタイプは各種野菜ジュースを試しましたが、当時、合格点が与えられるのは上記の組み合わせだけでした。
現在もそのままです。
しばらくは家族で飲んでいましたが、2010年2月20日、ミキサータイプも含めて初めて、全種類、販売しました。

こしょう入りの野菜ジュースと牛乳の組み合わせは不合格でした。

ちなみに、これは方法が簡単なので、特許化はあきらめて、商標登録しています。
インターネットは後からのものまねでも書き込め、あたかも自分が見つけたかのように
書けますが、ある意味、うそつきです。
商標登録の経緯を見れば、どちらが先に見つけたかをきちんと証明できます。
自分で飲んだり、ホームページに書き込むのは、個人の自由ですが、
販売に関わると商標の権利にかかわってくるので、ご注意しておきます。

これは、フルーツ牛乳ではありません。フルーツ牛乳もおいしいですが。。

野菜豆乳、野菜ヨーグルトもおいしいですよ。野菜ヨーグルトは「飲むヨーグルト」
すべて、1:1がちょうどいい。

ちなみに、ブログの削除等は一切していません。
なぜか、書き込まれないが、googleではトップに近い位置をキープしている。
文字かなんか出てきて、スマートフォンからは、書き込みにくいのかも。
これは、ブログサイトのこころぐの問題です。

ちなみに、野菜豆乳は有機豆乳だとおいしかったです。

「み・い・づ」って何? 思っている人が多数ですが、
これは、日本語の古語で「見出づ」を現代風にアレンジしたもので、
意味は「発見する」ということになります。
すなわち、「野菜牛乳 み・い・づ」は、「野菜牛乳 発見する」という名前になり、
由緒正しい名前で、商標登録されています。
そのため、組み合わせやランク付けは、厳正に行っています。
ネット上でも、品性、品格には厳しく、対処しています。

ちなみに水海家では、新しい野菜ジュースを見つけたら、飲んで試してみていますが、
野菜牛乳、野菜豆乳、野菜ヨーグルトすべてクリアしないと、「野菜牛乳 み・い・づ」
にランクインさせない(5点以上です)という家訓になっています。

ランクインするためには、野菜ヨーグルトが一番、難しいかもしれません。

夏は、酸味があって、野菜ヨーグルトがいいように思います。

ワインのパーカーさんのように点数を付けていますが、正直、93点のワインと90点のワインの違いが分かりません。ということで、10点満点にしています。ただし、5点未満のものは、失礼ですので、掲載していません。

コンビニで売っている「野菜100」、おいしいかも。現在、調査中。

 飲むヨーグルトと混ぜてもいけそう。初の追加のランクインか。調査中。

「野菜100」、安定的にコンビニで購入できなかったので、ランクインですが、点数はなし、残念ながら、5より低いということにします。

野菜牛乳 み・い・づ 紫       野菜生活 紫の野菜+牛乳
野菜牛乳 み・い・づ うすだいだい 野菜生活 オリジナル+牛乳

両者とも、味は変わっていませんが、1リットルパックのものは、無添加だったと思うのですが、
現在、香料、ビタミンCが入っているので、点数なしとします。
味で分からないからと言って、人工添加物が入っているので、本来の純粋さの観点から点数なしとします。

「こっくり甘い濃い野菜」もいけそう。調査、検討中。

このブログは野菜牛乳の歴史のようになっていますね。

「紫の野菜」はオリジナルより、個人的には好きだったのですが、なくなってしまいました。
新しい紫らしきものは、ぶどうが効きすぎているようで、フルーツであり、野菜牛乳にはならないので、
エントリーは当然なしです。野菜の調達が難しくなったのか、意図が分かりませんが、
なくなったのは残念です。
このメーカの野菜ジュースが他メーカに近づいてきている(安くなっている)ように思います。

「こっくり甘い濃い野菜」も近所のスーパーに並ぶようになり、「野菜一日これ一本」の値段、もう少し、頑張る必要があると思いますが。

「野菜牛乳」は、商標を取ったりもしていますが、本業になりえておらず、趣味ということになりそうです。
牛乳嫌い、野菜嫌いの子供で困っている場合、流動物で栄養を取らないといけない場合など、ぜひ試して下さい。
商標とは、喫茶店で商標の絵を貼って、客引きして初めて、有効ということです。また、無断で商標の絵を使ってはいけません。
ということで、家庭で野菜牛乳等を飲む分には、商標は何の効力を持たない、そういうものです。野菜牛乳を普及させるための協会やNPOのシンボルというようなものです。
喫茶店を開いて、商標を看板にというのは、遠そうです。

2015年7月20日時点の評価です。
水海自家製 を10点として、野菜ジュースと牛乳を1:1でかき混ぜて、
野菜牛乳 み・い・づ あんずいろ  7点:野菜一日これ一本+牛乳
野菜牛乳 み・い・づ          7点:こっくり甘い濃い野菜+牛乳
入手性、無添加を考慮しています。
無添加でもなくても、味は分からないという考えもありますが、
無添加は一般的に日持ちがしなく、努力とこだわりと純粋さを重視しています。

ちなみに、化学物質を仕事として、使用する水海から、一言。
現在、2020年、東京オリンピックの年ですね、を目標に既存の化学物質の安全性について、全世界で見直し中で、どれくらいその化学物質を飲んだり、吸引したりすると、がんになるとか、生殖に毒性を与えるかとか調査中です。昔の石綿のように、建築物等によく使われているのが、がんになると分かって、使用禁止になり、解体時も専門家が処理する。石綿のような化学物質も新たに出てくるかもしれないということです。とはいっても、何に気をつけたらいいか、難しいですね。化学物質の評価では、体重に比例して、許容量が決まることになっており、体重の少ない、赤ちゃんや子供は影響が出やすいということになります。そのため、ただ、缶詰などを与えるだけでなく、大人がちゃんと、味見ぐらいはしましょうね。内の猫に買ってきた所謂、ペットフードも私、たまに味見しています(おかしいですか?)。

最近、カロリーが気になりだして。結構、野菜牛乳はカロリーがあるのですよね。
そのまま、温めるとスープのように主食にも。
20%のオレンジジュースのように、野菜牛乳なども薄めて、飲むことを覚えた次第です。
水で割り、カロリー減を。

野菜牛乳などとは違いますが、
100%オレンジユースも、そのまま、飲む必要はなく、水割りして、
20%とかで飲んでも、良いように思います。カロリー減ですし。

風邪などに、温めてもいいですし、カロリー、栄養もありますし、すぐ作れますし、流動食でもありますし、どうでしょうか。

年末に振り返ってみて、結果として、約6年間、一年を通じて、安定的に野菜ジュースを供給している、カゴメさんは、素晴らしいと思います。これからも、続けて欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571312/50726366

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜牛乳:

トップページ | 初めて飲む時 »

無料ブログはココログ